がんという病気

食事内容を見直すことで、がんの発症率を抑制することも期待できます。

食事内容を見直す

昨今の医療現場では、がんは生活習慣病の1つに数えられるようになりました。
生活習慣病とは、生活習慣によって発症するリスクが高まる病気です。
睡眠や運動、食事などが生活習慣病の発症を促進してしまうとされています。
生活習慣の改善は、がん予防に効果が期待されています。
「栄養バランスのとれた食事内容」「同じものを食べ続けない」「適度な食事量と動物性脂質の摂取を控える」「アルコールの摂取量を控える」「喫煙をやめる」「繊維質の多い食事内容にする」「塩分の過剰摂取を控える」「適度にスポーツをする」などががん予防に効果的といわれています。
これらは国立がん研究センターによる「がん予防するための条件」として発表されています。
そして具体的にがんと関係のある要因もあげられています。
「喫煙」は口膣がんや喉頭がん、食道がん、胃がん、肺がん、脾臓がん、腎臓がん、尿路がん、膀胱がん、子宮頸部がん、骨髄性白血病などが指摘されており、ほぼ確実といわれています。
そして「肥満」を要因するとするがんには食道がんや結腸がん、直腸がん、乳がん、子宮体部がん、腎臓がんとされています。
「飲酒」では、口膣がん、喉頭がん、食道がん、肝臓がん、乳がんとなっています。
そして可能性大と分類されているのが「加工肉」の摂取による結腸がん、直腸がん、「塩蔵品および食塩」では胃がん、「熱い飲食物」は口膣がん、食道がんなどとなっています。
食習慣では、原則的に肉食が要因といわれています。
これは肉を食べることが悪いわけではなく消化の悪いものの過剰摂取が問題視されているということです。
がんは特に食習慣による要因が指摘されていますが、当然適度な運動をすることや十分な睡眠をとることも大切です。