がんという病気

がんの治療には医療処置から民間療法まであるため、安易に治療方法を選ばないことが大切です。

安易に治療方法を選ばない

スタンダードによって、がん治療は完全にがん細胞を治療できるというわけではなく、科学的根拠に基づいた基本となる治療方法となっています。
がん治療では、これら以外に「補完代替治療」や「免疫療法」といった治療方法があります。
ですがこれらの治療方法は、医療の世界においては科学的根拠がないとされており、治療効果を期待するのは非常に難しいでしょう。
また昨今ではがん治療においてサプリメントの摂取が一部で注目を集めています。
このサプリメントによる治療で、がんを治すことができるのでしょうか。
サプリメントは栄養補助食品です。
そのためがん細胞を攻撃し死滅させるという効果はありません。
サプリメント投与によるがん細胞の直接的治療にはなりません。
ですがサプリメントの作用によって、体調を整え、免疫機能を高めることは期待できます。
また抗がん剤による副作用の軽減や、その効果を高めることが期待できるという見解もあります。
免疫機能を高めることで、がん細胞への攻撃力が増すということはいえるでしょう。
また副作用の軽減などは魅力的な作用といえます。
ですがサプリメントとはいえ、安易に摂取することは非常に危険です。
それはがん治療の効果を下げてしまうというケースがあるからです。
放射線療法や抗がん剤値露湯では、がん細胞を死滅させるという目的がありますが、サプリメントによって、攻撃目的であるがん細胞を保護してしまう作用も存在するからです。
特に注意したいのは「ビタミンA」や「ベータカロチン」「イソフラボン」です。
また「ビタミンC」「やビタミンE」の摂取も要注意です。