がんという病気

免疫療法はどのような方法でがん治療に効果があるのでしょうか。

免疫療法について

がんの治療は3大治療とよばれる手術療法、放射線療法、抗がん剤治療が主な方法となっています。
そしてこれら以外にも治療方法が存在します。
その1つが「免疫療法」です。
がんという病気は、がん細胞の発生から増加によって正常な細胞を弱らせていきます。
本来、がん細胞は健全な人の体内で一日1000から2000個生まれるものです。
発生したがん細胞を死滅させるのが、リンパ球による免疫力です。
ですが免疫機能が低下すると、発生したがん細胞のうちいくつかが生存したままの状態となってしまいます。
このわずかながん細胞がその後、増幅を繰り返していきがん腫瘍となります。
そこに目を着けたのが「免疫療法」です。
免疫療法はからだの持つ免疫力の機能を高めることで、治療を目指します。
ただし、現在のところ免疫療法に関しては科学的根拠がないとされています。
そのため過剰な期待はできません。
免疫療法には「高活性化NK細胞免疫療法」や「活性化自己リンパ球移入療法」、「自家がんワクチン療法」「自律神経免疫療法」など、さまざまなものがあります。
この免疫療法の特長は、副作用がほとんどみられないというメリットです。
また副作用を軽減させる効果が期待できるため、抗がん剤治療と併用されることもあります。
それであればぜひ治療を受けたいところですが、免疫療法は原則自由診療となっています。
そのため治療費には健康保険が適用されず、全額自己負担となっています。
免疫療法の中には、先進医療のものもあり、治療費が100万円を超えるものもあります。
また中には、信憑性が極めて低い怪しい免疫療法も存在しています。
免疫療法は1クールで100万円を超える自己負担が必要となるものがあり、抗がん剤治療と同様に何クールが受診する必要があります。
そのため治療費が膨大な金額に膨らむケースが想定されます。