がんという病気

がんの治療における医師の対応は、ある程度決められているものとなっています。

医師の対応

もしがんの告知を受け、余命を知ったところで、突然悟りを開くようなことは現実にありません。
そのような弱い心を持っている生き物であることを理解することが、がん患者となった場合や家族が罹患した場合に重要となります。
がんという病気は根治が難しいため、告知を受けるだけでいつ死ぬのだろうと思考が空転してしまいます。
このようなことは意識を持つ人間であるがゆえの苦しみともいえます。
がんになったことを否認し、なぜ自分なのかという怒りが沸き、死なずに済む方法を模索し、何事もいやになりふさぎ込みやすくなります。
このようなさまざまな感情が浮かんでは消えと繰り返します。
ですが最終的に、自身ががんに罹患していつごろに死ぬのであろうという現実を受け入れるようになります。
このような心理の変化は、特に末期がんを告知された患者に多く見られます。
がん患者と分かるとうつ病にかかってしまった、という方も非常に多いです。
がんはからだ全体を蝕む病気ですが、同時に心も荒んでいきます。
末期がんは患者にとって一番つらいですが、同時にその家族や告知する医師にとってもつらいものです。
特に心理の変化を熟知している医師にとって、末期がんの告知はできれば避けたい道といえます。
そのため末期がんの患者に医師はどのような対応をとるべきか、というマニュアルが用意されています。
マニュアル通りの対応だけになるわけではなく、進言するのは医療現場の医師の考え方次第です。